ドラゴンボールの『ベジータ』の声優、堀川りょうが学園長を務めるインターナショナルメディア学院ってどうなの?

bejita.jpg
ドラゴンボールと言えば国民的人気アニメなので知らない人は恐らくいないでしょう。現在ではドラゴンボール超という現代版のドラゴンボールが放送されており、世代を超えて人気となっている。

その人気キャラクターの一人であるベジータ。声優を務めるのは堀川りょうだ。近年だと、名探偵コナンの工藤新一のライバル探偵である服部平次などを演じていることでも知られている。

そんな堀川りょう先生が学院長を務める声優の養成所があるのはご存じだろうか?
噂には聞いたことあるという人もいるだろうし、既に知っていると答える人もいるだろう。これだけの人気声優なのだからそんな情報はニュースでも嫌でも入ってくる。

その学校とは【インターナショナルメディア学院】だ。学院長とは言え、ただ上に立ってふんぞりかえっているのではなく、何と学院長自ら、直接指導をするそうだ。忍たま乱太郎の学院長先生とは比べ物にならないほど素晴らしいですね。

この学校では、他校では何年勉強しても積むことのできない声優としての経験をベーシックコースの段階から体験することができるということを売りにしている。つまりは完全現場主義の養成所。

机の上でテキスト広げて勉強するよりも、演技はとにかく実践を積むことが一番だというお考えなのでしょう。ちなみにこちらの養成所はわりと全国にある。養成所と聞くとどうしても都心になってしまうような気がするものの、こちらは至るとこにあるというのは全国の声優になりたい方にとっては喜ばしいことかもしれない。

ちなみに、声優になるというと年齢が若くないとダメだとかいう人もいるが、実際そんなこともない。こちらの学校では30代後半くらいまではポテンシャルがあると判断している。社会人経験を経て声優になるのは別に珍しくはない。セーラームーンなどでおなじみの三石さんだってそうですからね。

また、俳優を志している方やYOUTUBERになりたい方なども通っているとのこと、YOUTUBEに理解を示しているなんて、さすが堀川先生だと関心してしまう限りである。ちなみに18歳から入学可能だ。

で、実際プロになれるかという話だが、それは本人のセンスや努力次第なので何ともいえないお笑いの世界もそうだが、みんな売れたら苦労はしないのである。ただ、現役のプロが親切丁寧に指導するので入学から3年以内にデビューした生徒はこれまで1000名以上もいる。

この手の養成所なんて、講師はまともな人間を雇っても経営者が声優のことをなんともわかっていないなんてパターンの養成所もあるので、堀川りょうがやっているというだけでも相当な価値があるだろう。

特に役者になりたいだったり、声優になりたいだとかが無くとも、資料請求をして堀川りょうに会いにいってみてはいかがだろうか?生のベジータや服部平次の声が聴けるチャンスがやってくるかもしれない。



資料請求は下記バナーからどうぞ





この記事へのコメント