SKYPEはもういらない!DISCORDは次世代のコミュニケーションツールという理由と考察

dis.jpg

無料で通話やチャットができるサービスは数多くあります、中でもマイクロソフト社が提供するSKYPEは長い間、世界的にその業界ではトップを走り続けてきました。世界中のユーザと気軽に繋がることが出来るので、友人などをつくる目的として利用されることも少なくはありません。

スカイプちゃんねるw@スカイプなど、国内でも通話相手を募集する掲示板が栄えた。中でもスカイプちゃんねるwなどはピーク時では瞬間アクセスが1000以上にも及ぶ人気サイトだ。

まだまだ一見、人気のあるように見えるのだが、無駄なアップデートを繰り返すたびにスカイプに不具合が起きているという人も大勢いる。アクセスがし辛かったり、酷いときにはメンテナンスで半日ほど使えないといった事象が起きたこともある。

それにダウンロード型のスカイプはPCユーザにもスマホユーザにもダウンロードする必要性から容量を食いやすく、尚且つメモリをかなり食ったりもするので、それだけでパソコンがフリーズしてしまうという方も少なくはない。

とはいえ、高スペックのPCを利用しているのならばさほど感じないと思う。それでもブラウザのグーグルクロームと相性が悪かったりと、遠ざかりたい理由も多く存在する。だからといって代わりになるものはあるのか?

そこで注目されているのがDISCORDです。元々はゲームを複数人でプレイする時に使うように設計されました。アプリでもブラウザでも動きますが、ブラウザで簡易に使えるのでブラウザを選択するほうが無難です。

最近になってクリエイター界隈の人もスカイプから離れてDISCORDに移行するという流れが非常に多い。というのもやはり、その軽さが原因だと言われている。パソコンで作業をするクリエイターにとってPCを重くしてしまうようなソフトは出来るだけ使いたくはないのだ。

結果的にスカイプよりもDISCORDのほうがクリエイターにとっては優れているという図式が成り立つ。それに加えて複数人で利用するにふさわしい機能も多く、組織やチーム単位での利用が多い。

ボイスチャットとテキストチャットがわかれていたり、管理を色分けすることができ、ユーザ権限の範囲までカスタマイズできるといった利点を持つ、こうした機能が充実しているという点ではDISCORDに軍配があがるだろう。

ただ、個人的には個人間でやりとりをするのであれば、スカイプのほうがわかりやすいと感じている。飽くまでもチーム単位で使うのがDISCORDで個人単位ではスカイプがまだまだ活躍するのではないかと思う。

スカイプが重くて困っている皆さんは、この機会にDISCORDを導入してみてはいかがでしょうか?コメントなどいただけたら嬉しいです。

この記事へのコメント