ライターは文字単価0.5円以下で仕事を受注してはならない理由とおススメ仕事サイト紹介

KK_9V9A5515_TP_V.jpg

ライター業界は厳しいと言われる今日、仕事の数は増えていますが、ライターそのものを舐め腐ったような案件が増えています。フリーランサーと呼ばれる人の多くはランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトに会員登録することで生計を立てていることも珍しくはない。

こうしたサービスでは、個人はもちろんのこと、多くの企業もクリエイターにお仕事を流していることは言うまでもないのだが、悪質とも捉えられる案件も多く存在する。その基準は多くの場合、文字単価にあると言えよう。

例えば僕のよく使うランサーズでは、2000文字で1000円などという案件が多く存在する。これならば文字単価は1文字あたり、0.5円という計算になる。意外にもこの辺りが現在のライターの単価の平均なのではないかと感じている。

逆に10000文字100円などといった馬鹿げた案件も存在する。大体こういった案件は個人がアフィリエイト記事を下請けさせるのに安くしようと狙ったものが多い。当然、こういう案件は大変ではあるが、仕事の実績を積みたいだけの初心者にはおススメしても良いと思っている。

ただ、中堅ライター以上の方には0.5円以上の案件のみを受けてもらいたい。やはり単価が低ければ良質な記事を書くだけのモチベーションを維持できない。それがウェブ上で蔓延することはライターである貴方そのものの価値を下げてしまうのでやめたほうがいいと言っておこう。

では、だとして現在のクラウドソーシングサイトの中でライターにとっておススメできると言えるものにはどんなものがあるのか改めて振り返ってみたいと思う。下記にまとめるので興味があれば登録してみていただきたい。

①BIZSEEK



ライターだけにおススメするわけではないが、BIZSEEKは手数料の安さでは圧倒的と言える。クライアントにとってもランサーにとっても手数料は少ないほうがいいというのは言うまでもないだろう。

②ランサーズ


やっぱり信頼も実績も安心もランサーズは抜群、何せ仕事数が多いので案件を選びやすいです。登録者数が多いのでライバルも大勢いますが、フリーランスで稼ぐのなら必ず登録しておいたほうが良いサイトです。

③PVモンスター



このブログも何回か紹介してますが、書いた記事がPV数に応じて継続収入が発生するといったサービスです。本来は記事を書くことにしか、報酬が発生しないところをクライアント様のサイトに掲載された後、発生したPVに応じて報酬が永久につくので、あなたの記事がずっと稼ぎ続けてくれるということになります。

④REPO



ブログ記事を投稿するだけで原稿料が貰えることを売りにしたネットバイトサイト。求められているクオリティが高くはないので、初心者でも参入しやすいというのが特徴。稼ぐとなると難しいとは思うが、気軽に取り組めるものが多いので登録しておくことはおススメする。

⑤Shinobiライティング



言わずと知れたライターに特化したお仕事募集サイト、こちらはライター限定で登録をしておくと良い。特化しているだけあってライターにとっての仕事は多い印象がある。他のクラウドソーシングより案件を見つけやすいという点ではかなりおススメできると言えよう。

⑥サグーワークス



審査に通れさえすれば、月収50万だって在宅で夢じゃないライティング特化ワークサイト、1文字1円以上の単価のお仕事が永遠とあなたに斡旋されてくるといった夢のようなサービスです。ライターとしてのスキルが並以上なら合格することは難しいことではありません。実力があるという自信のある方はこちらでお仕事しましょう。


以上が僕の利用しているお仕事系のサービスです。今回紹介したサービスは皆さんも登録しておくことをおススメします、無料かつ稼ぐことができますので複数のサイトに登録して、こなしやすい案件からこなしておくと自然と稼げるようになると思いますよ。登録はバナーなどから行えますのでどうぞお気軽にご登録ください。

この記事へのコメント